ドッグスベストセメント


ドッグスベストセメントのご案内

通常の虫歯治療

虫歯を治療する場合、通常の治療では虫歯部分を除去することが主になります。
虫歯部分(軟化象牙質)を完全に除去するのに痛みがある場合は麻酔が不可欠です。神経に達するような深い虫歯の場合だと、神経を取り、根の治療をして銀歯を被せることになります。
神経を取った歯は寿命が短くなってしまいます。

ドッグスベストセメントとは

麻酔をせずエナメル質だけ軽く除去し、ドックスベストセメントを虫歯部分に詰めて最終充填します。すると、ドッグスベストの天然ミネラルによって虫歯菌が殺菌され、軟化象牙質が再び石灰化し始めます。

天然ミネラルですのでアレルギーもなく、毒性もありません。
また、ドックスベストセメントには同成分の根充用シーラーが用意されていますので、神経を取らざるを得なかった歯には、 このシーラーにより、ドックスベストセメントのもつ持続的な抗菌力を根充にも応用することができます。
基本的には虫歯を除去し、プラスティックのつめ物をします。
範囲が大きい場合は金属や保険外の白いセラミックなどで欠損部を埋めていきます。
ただし、全ての症例に適応できるわけではありません。

△ページトップへ戻る

適用のできない症例

以下の症状が重なった場合、ドッグスベストセメントを使用できない可能性が高いです。

  • 何もしなくても痛い(自発痛がある)
  • 叩くと痛い(打診反応がある)
  • X線写真で、根尖部に透過像がある
  • 歯肉が赤い
  • 熱いものがしみる
  • 激しい痛みがある
  • 夜間に痛む



△ページトップへ戻る